長崎県

  • 色合い
  • 白
  • 黒
  • 青
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

ひきこもり回復の4段階モデル

ひきこもりの方には、回復の状況によって4つの段階があり、それぞれの段階にあった支援内容があると私達は考えています。

 

段階1 家族へのアプローチ

まずは、家族がひきこもりについての知識を得て、本人に適切な対応をとることで、本人と家族との関係を改善します。

(この段階の社会資源)家族相談(行政・民間・医療)

 

段階2 本人へのアプローチ

家族と葛藤が軽減されると、本人の世間に対する恐怖感が薄らぎ、家族以外の特定の人との関係が可能になります。

(この段階の社会資源)本人の相談・診療 訪問サポート

 

段階3 集団の場への参加

家庭以外で、同じひきこもり経験者が集う場などを利用しながら、安心できる集団の場への参加を続けます。

(この段階の社会資源)本人の居場所、本人の会

 

段階4 段階的社会参加

大きな挫折を避けつつ、その人なりの社会参加を段階的に進めていきます。

(この段階の社会資源)若者サポートステーション、その他の社会活動

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー